YOGAスタジオ和み

ヨガについて

 

 「ヨガ」という言葉は、「結ぶ」「つなぐ」という意味を持つサンスクリット語の「YUJ」に由来 

   しています。心とからだ、宇宙と自分を結び付けるということを意味します。

 

 現代に生きる私たちは、日々さまざまなストレスにさらされています。

 溢れる情報に惑わされたり、悩みすぎたり働きすぎたりしていませんか?

 日頃の悪習慣や、呼吸の乱れ、姿勢の乱れが心と身体も歪ませます。

 

 ヨガはそこから、本来の自分自身を取り戻させてくれます・

 

 

 

 

 

ヨガの効果

 

 体位法~

 

「身体がかたいからヨガはできない…」と言う方は実に多いです。

 しかし、ヨガは身体のかたい・柔らかいに関わらず自分のレベルに合わせて出来ます。

  

 さまざまなポーズ(アサナ)をとることで、筋肉や関節がやわらぎ、体の歪みが正され、背骨も骨盤も 矯正されます。ポーズとシャバアサナ(くつろぎのポーズ、別名:屍のポーズ)で緊張と弛緩を繰り返すことにより、自律神経の働きを整え、血流やリンパの流れも良くなり、老廃物を排出しやすくなります。

  

 また、遅筋に刺激を与えることにより、内臓や骨近辺の脂肪を燃焼させます。

 結果、体脂肪が減り、基礎代謝もUPするのです。

 

 決して他人と自分を比べることなく、自分自身の中だけを見ながら行っていきます。

 

 

 呼吸法~

  

 丹田呼吸(腹式呼吸)をすることにより、深い呼吸が出来るようになります。

 正しい呼吸により、血液の循環が良くなり、60兆個の細胞が目覚め、活性化され、自然治癒力を高めます。

  

 また、腹式呼吸で横隔膜より下の内臓もマッサージすることになり内臓が働きやすくなります。

  

 呼吸は自律神経によるものですが、唯一自分でコントロールできる自律神経でもあります。

 息を吸うときは交感神経が優位にたち身体を活発・緊張させます。吐くときは副交感神経が優位にたち身体を休ませようします。

 深くゆっくりとした呼吸をすることで、リラックスし心の乱れも整い気持ちが落ち着いてきます。

  

 

 瞑想法~

 

  ヨガは瞑想をすることからはじまりました。ハタヨガでポーズを行うのも実は瞑想を深めるためです。

 

 瞑想では、普段外側に向いている意識を自分の内側に向けて、体の中を観察し心の状態を見つめます。

 自分をとりまくすべてのものに感謝し、この世のすべてのものと一体になり、自分の最も奥にある無限のものを探しあて、本来の自分を取り戻します。

 

 はじめはすぐに雑念が入ってきてなかなか無心になれませんが、次第に自然と一体になるような感覚になってきます。外側からの刺激に惑わされず、意識は内側に。心は穏やかに落ち着いてきます。

 

 心が安定すると身体の調子も良くなります。心と体はいつも影響しあっています。

 心を乱すようなできごとがあっても、冷静にあるがままに受け止め、落ち着いて対処ができるようになります。

 

 

 体位法や呼吸法によって肉体を鍛え内臓を活性化し、神経をもコントロールしていくことができます。そして瞑想法によって心もコントロールしていきます。

 

 ヨガを続けていって、心と身体を蘇らせて、いつまでも健やかに美しく成長していきましょう。

  

  

  

インストラクター紹介
和やかブログ
アクセス
ご予約・お問い合わせ

携帯用表示はこちら

QRコード
QRコード